ハイブリッドカーの仕組み

ハイブリッドカーの仕組み

一般的な言葉としてハイブリッドカーは

 

複数の駆動装置を持っている車のことです。

 

ガソリンエンジンと電気駆動モーターの組み合わせに限定して問題ありません。

 

燃費の面で有利と考えられているハイブリッドカー、

 

そのハイブリッドカーの仕組みはメーカーや車種によって異なります。

 

2種類の駆動をどのように組み合わせるかによっていくつかのハイブリッド方式があります。

 

仕組みの違いで、燃費も変わります。

 

また、車体の大きさなどにも影響してきます。

 

まずはシリーズハイブリッド方式というものがあります。

 

仕組みとしては一番シンプルなタイプです。

 

エンジンで発電して、その電力でモーターを動かす仕組みです。

 

ハイブリッドカーのシリーズハイブリッド方式で直接車を駆動するのはモーターだけです。

 

ガソリンエンジンだけの方が燃費は良いように思われますが、低速時のモーターの低燃費が大きく影響するのです。

 

つまり、高速走行が少なく、低速走行が多いバスなどには有利です。

 

大きなバッテリを取り付けることができます。

 

パラレルハイブリッド方式はエンジンとモーターの両方で車輪を駆動する仕組みです。

 

両方の比率をどのように考えるかによって、細かい動きが異なります。

 

ホンダがシビックなどで採用していたのはエンジンの補助としてモーターを使用するものでした。

 

モーター単体での駆動はできませんでした。

 

トヨタがハイブリッドカーの仕組みで採用したのはシリーズ・パラレルハイブリッド方式です。

 

前輪と後輪でシリーズ方式とパラレル方式を使い分けます。

 

走行時にどちらが有利かを判断して、自動的に切り替わります。

 

いずれにせよ、かなり燃費のいい仕組みでハイブリッドカーは組みあがっているのです。